お小遣いを稼げるブログになっていけるようにアドバイスします!!あなたは、いろんな方の情報とノウハウをどう思いますか?
  • 2017/08
  • 2017-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/10
恋と愛とは??
2006年11月15日(水) 06:47

○恋するとあらわれる”フェロモン系ホルモン”を知ろう

ここでは、恋する気持ちを、アカデミックにお話しちゃいます。 好きな人を見たり、考えたりすると、胸が「ドキドキ・キュンキュン」してしまう状態って、実はホルモンの仕業ってご存知ですか?

 人が恋に落ちるという状態は、脳内でPEAというホルモン濃度が上昇することで、脳が快感を示している状態であり、さらには、ドーパミン、オキシトシン、エストロゲンなどの、他のホルモンとの相互効果で、相手と一緒にいたいとか、性欲が高まっている状態を意味するのだとか。 この「恋の始まり」に欠かせないホルモンPEAは、精神的に不安定の状態で、ドキドキしていなければ分泌されないという性質を持っています。 よく「つり橋の恋愛効果(正式名かは、不明(笑)」というのがあってドキドキする環境で出会ったカップルは恋に落ちやすいというのはどうやらこのPEAというホルモンに関係があるようです。

つまり・・・二人がお互いに不安や緊張を常に感じていないと、恋には発展することはないということ

 例えば・・・遊び人っぽい男の人がもてる理由、それは、「彼はモテモテで、他の女性にとられそうで不安」と思うから、女性は彼のことが気になって仕方がない状態に。 また、もうすぐ離ればなれになってしまう状況であるとか、そのような不安定な状況がPEAを分泌し、恋に発展しやすいそうなんですね。 (・・・歳を重ねて、恋愛がおっくうになる人が多くなるのは、過去の経験から、この「不安定」な気持ちが辛いと感じてしまった結果ではないかなぁ・・・と推測しています。)

しかし、「緊張」や「不安定」 を感じながら一生過ごすことは不可能ですよね。PEAを永久に分泌しつづけることは、どんなカップルでも難しいです。 このPEAの分泌は、2、3年で少なくなるといわれており、「恋愛3年マンネリ説」などがあらわれてしまうのですが・・・ ここで注意しなければならないこと、それは・・・ PEAは、恋するホルモン!! ということ。

つまり、大切な人と長い時間過ごしたい願望・・・「恋」を「愛」に変えていくのはあなた次第なんです!   「人を好きになること」をまとめて「恋愛」と言いますが、「恋」と「愛」は実は全く違うものです。

ココからがとても重要です!!

以外に解かっていない人が多いから説明しておきます!!!!

「恋」とは、ときめいている状態:ドキドキしている状態です。

「愛」とは、相手を心から信頼している状態 恋は精神が不安定で、不安や恐怖を感じ、緊張しているときに成り立ち愛は精神が安定していて、安心や信頼を感じているときに成り立つもの

「ずーっとドキドキしている恋愛がしたい!」なんて望みは、常にストレスと緊張を与えつづけられている状態を好むということを意味します。 これは、とぉーっても疲れます。 長くは続きませんよね? 愛を深めている二人が、「最近ドキドキしていない!!」と、相手を不安にさせる行為で、その恋が終わることは良くある話。 そんな失敗をしないよう、自分がどのポジションにいるのか、よく見極めることも大切です。   ・・・PEAの分泌が少なくなる2、3年の間とは、「恋」する状態から、「愛」に変換して行くプロセスだと考えるのが正解のようです^^

○恋する女性が綺麗な理由

先日、ワイドショーで海外アーティストの出待ちをしている中年層のお姉さん方が映っていたのですが、うーん、なんだか肌艶が宜しいんです。 恋する気持ちは、年齢など関係なく、女性を綺麗にしてくれる素敵なエッセンスなんだなーと感じました。 さて、恋する乙女が綺麗で輝く理由。

それは、人を好きになることで女性ホルモンが分泌されたり、ドキドキすることによって交感神経が刺激され、体全体の代謝機能が高まっている状態になるからです。 片思いであっても、肌が綺麗になるなどの身体的な変化も期待大! また、交感神経が高まるということは、目に輝きがあらわれて男性も女性も、「眼力」がついて、自然と注目を集める人になれることも。 恋することで、あなたの魅力が高まるということは、体のメカニズム的にも説明がつくお話なんですね(^−^) また、先ほどの恋するホルモンPEAは、食欲中枢を抑制するのでいつもより食欲が落ちたりします。

なので、ダイエットをするチャンスでもあったりするのです。 ちなみに・・・ 好きな人がいて、相手のPEA分泌を高めたい!という時は、相手にとってあなたが「緊張する存在」になることも一つです。 緊張感が芽生える状態・ 美しい人と接した時 ・ 自分より能力、魅力が優れている人と接する時・ 相手に未知の部分が多い時・ 努力すれば手に入れることができる時 つまり、あなたが輝いている状態に、相手はドキドキPEA分泌アップ☆になるのです^^

○王子様と結ばれるためには姫になれば良い

 さて、PEAの働きがなんとなくわかったところで、そろそろ恋をしませんか? 「好きな異性のタイプを書いてください」 と言うと、はじめは遠慮しつつ・・・でも、あれも嫌だし・・・でもこれも欲しい!なんて、人の欲望はきりがないものです(笑) しかし、縁とは面白いもので、あなたと同レベルの人が集まります。 レベルがあまりにも違いすぎると、お互い居心地が悪く感じるので、ずっと一緒にいたい対象には当てはまりません。 PEAのいたずらで、「恋」の状態には発展するかもしれませんが、「愛」になると、会話もなくても一緒にいてて居心地関係になれるでしょうか? 長年上手くいっているカップルは、顔つきも似てくると言われます。

人は、自分と似ている人を好きになる傾向があります。考え方、行動、しゃべり方、リズムなど。長年一緒に過ごしていくのであれば、異なる存在であるととっても疲れるからです。 なので、「理想の異性」がいるのであれば、相手の好きな趣味を知ったり、居心地の良い関係を築くことも大切にしなければならないようです。 スムーズに関係を築きたい場合は、似ているなと感じる人にアタックすると、うまくいくケースが多いようですよ^^



 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----